大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】津久見市千怒

|災害番号:006350|固有コード:00635003

災害の詳細を見る →

市町村
津久見市

概要(被害)

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】山崩れが発生。住宅1棟が全壊する被害があった。住人は水防団員として出動し、家族は避難して無事だった。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊3面】

災害概要

台風10号は8月28日グアム島の東方海上で発生した。この台風が名瀬付近の海上に達した5日には県下でも、ときどきにわか雨が降り、県南で20~50ミリ、中部で10~20ミリ、北部と西部では5ミリ内外の雨量を観測した。台風は5日21時すぎにはしだいに向きを北東にかえ、6日18時ごろ大隈半島に上陸し、宮崎県を通って7日の早朝には勢力を弱めながら佐伯の南方を通過して豊後水道に抜け北東進した。
県下の暴風雨は6日の夕方から7日の正午ごろまでで、由布岳では6日2時~3時の1時間に91ミリという雨量を観測した。総降水量はとくに大分川流域に多く大洪水が起り被害が大きかった。大分川分流の裏川では7日2時ごろ、大野川下流の鶴崎地方では2時半ごろにはんらんし、浸水や冠水の被害が多かった。また川添地区で道路決壊、津久見市千怒で山くずれのため住宅1むねが全壊するなどの被害があった。

【出典:大分県災異誌 第2編(1966)】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】

【出典:1957/9/7 9:00の天気図】

災害データ

最低気圧
985.7hPa
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
1957/9/7 5:29
最大風速の風向
最大風速
22メートル
最大風速の観測地
佐賀関
最大風速の観測日時
1957/9/7 4:00
累積最大降水量
396ミリ
累積最大降水量観測地
今市
日最大降水量
367ミリ
日最大降水量観測地
今市
最大日降水量の観測年月日
1957/9/6
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
大分
最大1時間降水量の観測年月日時間
1957/9/7 2:20
死者・行方不明者数
8人
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
66戸(棟)
住家半壊/半焼数
36戸(棟)
住家一部損壊数
55戸(棟)
床上浸水数
1443戸(棟)
床下浸水数
11793戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
214か所
橋梁被害
37か所
山・崖崩れ
150か所
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】大分川が氾濫、付近の20戸が平屋の天井近くまで浸水した。子どもと大人の男性あわせて20人ほどが濁流の中に孤立。救出作業が行われた。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊3面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】高さ10メートル、幅7メートルにわたりがけ崩れが発生。一家9人が巻き込まれ、7人長男によって救出。2人が逃げ遅れ生き埋めになったが、消防団や警察により救出された。50代の男性が右足を骨折した。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊3面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】大分川が増水、土木会社の飯場3戸が流出し、40代の作業員が押し流され行方不明になった。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊3面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】がけ崩れが発生。納屋が巻き込まれ付近にいた30代の男性が頭を負傷した。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊3面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡宇目村小野市

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】大分川の上流の阿蘇野川が氾濫。平屋2棟(2世帯・6人)が流され、全員が行方不明になった。その後9日午後5時40分頃、60代の男性が大分市春日浦で遺体となって発見された。

【出典:大分合同新聞 1957年9月8日朝刊3面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】がけ崩れのため、2階建ての住宅が巻き込まれ倒れた。夫婦2人が寝ていたが自力ではい出してけがはなかった。

【出典:大分合同新聞 1957年9月8日夕刊3面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】防空壕の入り口が崩れたため、その防空壕で暮らしていた家族3人が生き埋めになったが、近所の人たちにより助け出された。

【出典:大分合同新聞 1957年9月8日朝刊3面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】3本の橋脚のうち1本を残して流失した。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊1面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡本匠村波寄井崎ヅル

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡本匠村三股  森下橋付近

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡宇目村塩見園

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡宇目村大平

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡弥生村上小倉

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡弥生村井崎

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡弥生村山梨子

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡本匠村下波寄

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風により護岸に大きな被害が出た(写真は日代~上浦間の海岸)。

津久見市日代

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風により海岸の道路に被害が出た(写真は県道大浜浅海井停車場線)。

南海部郡上浦町福泊

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風により海岸の道路に被害が出た(写真は県道大分佐伯線)。

臼杵市板知屋

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡弥生村間田

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風による被害の写真

南海部郡弥生村畑木

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】大分川の濁流が堤防を越え、また付近の水田に降った雨が集落に流れ込み、およそ100戸が全戸床上浸水した。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊3面】

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】大分川の明磧橋上流およそ500メートル付近の堤防が約30メートルにわたり決壊。濁流が集落の15戸に押し寄せた。写真は地区の人たち総出で後片付けを行っている様子。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日朝刊3面】

大分郡大分町上宗方

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】台風により住宅の流失12、全壊8、床上浸水38戸などの被害が出た。県は災害救助法を適用した。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊1面】

大分郡挾間町

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】鶴羽橋の東側で裏側があふれたため、1世帯3人が住む住宅が水の中に孤立。ロープに材木をくくりつけて救助を行おうとしたところ、40代の男性が手をすべらせ川に流され行方不明になった。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊3面】

大分市乗越

【昭和32年9月台風第10号(ベス台風)】7日午前2時半ごろ大野川の溢流堤を水が越え、長さ60メートルの橋が流失した。

【出典:大分合同新聞 1957年9月7日夕刊3面】

災害一覧に戻る