大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【平成4年5月ひょう・落雷】

発生期間 平成4年5月20日-平成4年5月30日 |災害番号:010120|固有コード:01012000

災害の種別
落雷 降雹
市町村
大分市

概要

20日から30日にかけ、沿海州から山陰沖の日本海で寒冷うずが停滞し、県下上空約5500メートルに次々と-20度前後の寒気が流れ込んだ。このため、大気が不安定な状態となり、県下のところどころで8~10キロ前後の発達した積乱雲が発生し、雷をともない直径10ミリくらいの降ひょうがあった。

21・27・28日の降ひょうによって豊後高田市、真玉町、竹田市、玖珠町や本耶馬溪町の25haの葉タバコに穴が空くなどの被害を受けた。この他、竹田市では1ヘクタールの麦が被害を受けた。また30日午前7時40分ごろ大分市錦町の大分川河川敷を自転車で登校中の女子高校生が雷に打たれ大怪我を負った。

【出典:大分県災異誌 第6編(平成3年-平成12年)(2002.3)】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
93,174 千円

主な被害

マップを見る

【平成4年5月ひょう・落雷】大気が不安定になり雷をともなったひょうが発生。大分川河川敷を自転車で登校中の女子高校生が雷に打たれ、大けがを負った。

災害一覧に戻る