大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【昭和14年10月台風第12号】別府湾

|災害番号:004450|固有コード:00445007

災害の詳細を見る →

概要(被害)

【昭和14年10月台風第12号】青江丸(150トン)は北海部郡神埼村沖合で遭難し大破した。

災害概要

大分県下の被害、家屋全潰13戸、同半潰5戸、同床上浸水45戸、同床下浸水521戸、橋梁破損2件、堤防決潰13ヶ所、同破損1ヶ所、船舶沈没流出67隻、同破損16隻、16日夕刻より襲来した今回の台風は、雨は概して少なかったが、風強く、被害は県下の南部および東部の海岸地域に多かった。最も被害の大きかったのは、津久見の蜜柑で、約20万円の被害が見積もられ、船舶、家屋、農作物の被害見積りを合すると、大体60万円におよぶ見込み。
船舶関係被害の主なるものは、津久見港で青江丸(47トン)沈没、損害1000円、新栄丸(47トン)沈没、損害1000円、新力丸(300トン)沈没、損害6000円。青江丸(150トン)は神崎村沖で遭難大破。大分港では漁船15隻が大破、北海部郡日代では漁船14隻が流失。堤防関係被害の主なるものは、大分郡判田村筒口の堤防15間が崩潰、北海部郡日代村の堤防決潰、損害600円、亀川海岸埋立地120間崩潰。建物関係では、大野郡三重町の青年学校が倒潰した。(大分合同新聞記事)

【出典:大分県災害誌 資料篇(1952)】

【昭和14年10月台風第12号】

【出典:1939/10/16 18:00の天気図】

災害データ

最低気圧
998.6hPa
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
1939/10/17 0:00
最大風速の風向
北北東
最大風速
16.9メートル
最大風速の観測地
大分
最大風速の観測日時
1939/10/16 22:00
累積最大降水量
270.2ミリ
累積最大降水量観測地
佐伯
日最大降水量
202.1ミリ
日最大降水量観測地
佐伯
最大日降水量の観測年月日
1939/10/16
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
13戸(棟)
住家半壊/半焼数
5戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
45戸(棟)
床下浸水数
521戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
2か所
山・崖崩れ
-
被害総額
600 千円

主な被害

マップを見る

【昭和14年10月台風第12号】漁船14隻が流失。堤防が決壊し被害額600円だった。

【昭和14年10月台風第12号】埋立地が120間(約218メートル)崩壊した。

【昭和14年10月台風第12号】青江丸(47トン)沈没し被害額1000円。また新栄丸(47トン)沈没し、被害額1000円。新力丸(300トン)沈没し、被害額6000円。

【昭和14年10月台風第12号】みかんの被害が大きく、約20万円の被害が見積もられた。船舶、家屋、農作物の被害見積もりを合わせると、60万円におよぶ見込み。

【昭和14年10月台風第12号】青年学校の校舎が倒壊した。

【昭和14年10月台風第12号】堤防15間が崩壊した。

【昭和14年10月台風第12号】漁船15隻が大破した。

災害一覧に戻る