大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【文政11年7月大風雨・高潮】宇佐郡猿渡村

|災害番号:001740|固有コード:00174002

災害の詳細を見る →

市町村
宇佐市

概要(被害)

【文政11年7月大風雨・高潮】伊呂波川が氾濫し村ではほとんどの家が浸水した。

災害概要

夜来の大暴風雨で以呂波川が氾濫。九つ時が満水で猿渡村は殆ど浸水せぬ家はなかった。明連院は真っ先に押し流された。村民は丘の上の立覚寺に避難したが人家土蔵等流失家屋は10以って数え馬匹の瀕死したものもかなりあった(大宇佐郡史論)

【出典:大分県災害誌 資料篇(1952)】

(1)九州 暴風雨 1日夕から雨、夜に入って風雨強く、2日暁から暴風雨でこう水となる。筑前では長谷山・野鳥川こう水となったが17日より水勢弱し。豊後では伊呂波川こう水。肥前暴風雨。肥後は樹木・家屋倒壊。白川6尺、長六橋流失、日向延岡も増水2丈余。

(2)文政十一年七月二日俄之大洪水(三十八年以来の洪水と云)竹田村御米藏並ニ斗所貯穀共二流失、今市川原船囲家等流失、其外田畑川筋荒地多し(豊西説話巻之二)
文政十一年七月二日洪水、竹田村米倉及貯米悉ク流失ス(豊後全史永山布政所)
文政十一年七月二日俄の大洪水にて、竹田川原御米藏斗取並に貯穀凡六十石一同に流失す(豊閥説話巻之四)
文政十一年七月二日大洪水にて人家流失田地損亡筆紙に盡し難し(豊西記武石本)

【出典:(1)西日本災異誌 (2)日田水害誌】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
か所
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【文政11年7月大風雨・高潮】大洪水で今市や川原の船や家が流失。そのほか田畑や川沿いでは荒地になった。

【文政11年7月大風雨・高潮】伊呂波川の氾濫で真っ先に押し流された。

【文政11年7月大風雨・高潮】伊呂波川の氾濫で村民が避難した。

【文政11年7月大風雨・高潮】大洪水で米庫や穀物倉庫が流出。また倉庫の穀物60石も流失した。

災害一覧に戻る