大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【慶長2年7月地震・大雨・洪水】

発生期間 慶長2年7月29日-

災害の種別
地震 大雨 洪水
市町村
別府市

概要

(1)鶴見獄爆発、洪水氾濫、久光島崩壊し、海内寺亦漂没するに至る。(豊後速見郡史)

(2)大雨洪水、鶴見嶽崩れ、山潮出で朝見川を作り久光島を海中に流没す。久光島は祖額500石の地なり。死者数知れず。(別府史談)

【出典:大分県災害誌 資料篇(1952)】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
か所
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【慶長2年7月地震・大雨・洪水】爆発もしくは崩落。土石流が発生し洪水が起きる。

【慶長2年7月地震・大雨・洪水】島という説と村という説がある。位置表示は仮に別府湾上におく。
(島という説)鶴見丘が地震で崩れ、谷を埋めて海にまで達した。そのため久光島が沈んで死者40人あまりを出した。久光島は別府湾の西南から東方向に向いて伸びた島。瓜生島と並ぶ景勝地で大久光、小久光の2つの村からなり、戸数780あったが、この災害で島の姿形はなくなった(瓜生島の図附記)。
(村という説)鶴見岳東北の谷から水があふれ、近郷の村々を押し流しこのとき大久光、小久光村ともに流れてしまった。死者40人あまり(瓜生島久光島之考並地図)。

【慶長2年7月地震・大雨・洪水】鶴見岳の崩壊による土石流で川が出来た。

災害一覧に戻る