大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成7年7月火山活動】大分郡湯布院町 伽藍岳

|災害番号:010441|固有コード:01044101

災害の詳細を見る →

市町村
由布市

概要(被害)

【平成7年7月火山活動】珪石採取場跡で泥火山が形成された。初めは直径1メートルの大きさだった噴気孔が7月末頃から次第に大きくなり、11月中旬頃には土手の高さ約1メートル、火口の長径約10メートル、短径約7メートル、深さ約4メートルの楕円状の泥火山となった(日本活火山総覧)。

災害概要

伽藍岳の珪石採取場跡で泥火山が形成された。初めは直径1メートルの大きさであった噴気孔が7月末頃から次第に大きくなり、11月中旬頃には土手の高さ約1メートル、火口の長径約10メートル、短径約7メートル、深さ約4メートルの楕円状の泥火山となった。

【出典:日本活火山総覧】

災害データ

死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
-