大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【平成9年6月台風第8号】

発生期間 平成9年6月27日-平成9年6月28日 |災害番号:010600|固有コード:01060000

災害の種別
台風 大雨 高潮
市町村
佐伯市 臼杵市

概要

6月24日15時、フィリピンの東海上で発生した台風第8号は、中型で並みの強さの勢力を保ちながら沖縄の西海上を毎時30キロの速さで北へ進み、北緯30度に達した後、北東に向きを変えながら進み、28日9時過ぎ長埼県西彼杵半島付近に上陸した。その後、「中型で並みの強さ」の勢力のまま、大分県西部から北部を通過して周防灘へ抜けた。そして、速度を速めながら瀬戸内海から近畿地方、東日本を横断した。県内は28日10時頃暴風域に入り、17時過ぎ暴風域から抜けた。最大風速は蒲江でSSE17メートル、豊後高田でWNW16メートルを観測した。総降水量は釈迦岳、宇目、出羽で150ミリを超えたが、大分空港や蒲江では50ミリ以下であった。

死者1人(臼杵市で増水した川に転落し女性が水死)。家屋一部損壊1棟(佐伯市戸穴で、裏山から直径約1mの岩石が崩落し家の壁などを壊した)。山がけ崩れが3か所(佐伯市戸穴、別府市湯山、大分巿廻栖野)で発生した。農業被害は、菜たばこ、ユリ、ホオズキ、ピーマンの葉ずれ、倒伏、茎折れの被害が出た。交通機関は欠航や運休が相次いだ。(航空)28日午前中を中心に27便が欠航した。(海上)フェリーは夕方までほぼ全便が欠航した。ホーバーフェリーは35便全便が欠航した。(高速バス)福岡、長崎間の計42便が運休した。(JR)日豊線特急に約1時問の遅れが出た。九州電力大分支店によると国東町、鶴見町、蒲江町で合わせて466世帯で一時停電した。

【出典:大分県災異誌 第6編(平成3年-平成12年)(2002.3)】

【平成9年6月台風第8号】

【出典:1997/6/28 9:00の天気図】

災害データ

最低気圧
979.8hPa
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
1997/6/28 12:50
最大風速の風向
南南東
最大風速
17メートル
最大風速の観測地
蒲江
最大風速の観測日時
1997/6/28 8:00
累積最大降水量
173ミリ
累積最大降水量観測地
釈迦岳
日最大降水量
137ミリ
日最大降水量観測地
釈迦岳
最大日降水量の観測年月日
1997/6/28
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
宇目
最大1時間降水量の観測年月日時間
1997/6/28 2:00
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
1戸(棟)
床上浸水数
-
床下浸水数
2戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
104か所
橋梁被害
-
山・崖崩れ
3か所
被害総額
2,129,056 千円

主な被害

マップを見る

【平成9年6月台風第8号】裏山から直径約1メートルの岩3個が落石し家の壁などを壊した。住人は避難して無事だった。

【出典:大分合同新聞 1997年6月28日夕刊9面】

【平成9年6月台風第8号】40代の女性が川に沿った道路に止めていた自動車の助手席に乗り込もうとした際、足を滑らせて鑪川に転落。約500メートル下の海添川に流され死亡した。

【出典:大分合同新聞 1997年6月28日夕刊9面】

災害一覧に戻る