大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成5年9月台風第13号】大分市下白木

|災害番号:010330|固有コード:01033005

災害の詳細を見る →

市町村
大分市

概要(被害)

【平成5年9月台風第13号】土砂崩れが発生し一時通行止めになった。

災害概要

台風第13号は、大型で非常に強い勢力を保ち3日16時前に薩摩半島に上陸した。その後、台風は北東に進み22時ごろ佐伯市付近をとおり豊後水道へ抜け、愛媛県八幡浜市を経て広島県に再々上陸した。佐伯市付近を通過する時の気圧は945ヘクトパスカルで中型で強い勢力を保っていた。県下は3日19時ごろから暴風域に入り、4日1時ごろ暴風域を抜けた。沿岸部を中心に風雨が強く、中部や南部で300ミリを越える雨量になった。特に、大分市では、累年第1位の最大1時間降水量(81.5ミリ)、累年第2位の日降水量(41ミリ)、及び累年第3位にあたる最大瞬間風速(37.6メートル)を記録した。

県下の被害総額は856億円(1994/4/27確定 県消防防災踝調べ)
(人的被害)3日、竹田市で緒方川が氾濫し濁流により民家2棟が倒壊・流失し4名が死亡した。この他、大分市では土砂崩れで1名が亡くなるなど3日21時から23時にかけ相次いで人的被害が発生し、県下の死者・行方不明は7名となった。
(交通障害)JR豊肥線では緒方町で鉄橋が流失したほか、県内のJR各線は路床の流失、土砂崩れなどにより寸断された。豊肥線の完全復旧は平成6年5月となった。
(農業被害)県下の農作物被害は、水稲の冠水・倒伏被害の他、ナシなどの落下で被害面積は22,734haにおよび農作物被害は38億円にのぼった。また、農地の流失等の農地被害は1074haにおよんだ。(1993,11,15現在県農政部調べ)
(浸水被害)台風接近時の強雨と満潮時が重なったため、大分市や臼杵巿・佐伯市では小河川や側溝の水が溢れ、床上浸水・床下浸水が発生した。特に大分市では県下の床上浸水戸数の46%にあたる901戸が浸水したほか、床下浸水戸数は2713戸に達した。
(県下の床上浸水:1949戸、床下浸水:6626戸1994,4,27確定県消防防災踝調べ)
(停電・断水)県内各地で停電が相次ぎ、特に玖珠地方10,900戸・大分市で13,200戸など最大時には60,100戸が停電した。また、大分市では配水管が壊れ6,000戸が断水した。
(港湾施設被害)蒲江町の元猿では、防波堤が長さ約100mにわたって陸地側に約50cm移動したのをはじめ、港湾関係被害は38件におよんだ。

【出典:大分県災異誌 第6編(平成3年-平成12年)(2002.3)】

【平成5年9月台風第13号】

【出典:1993/9/3 21:00の天気図】

災害データ

最低気圧
973.8hPa
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
1993/9/3 21:18
最大風速の風向
最大風速
19メートル
最大風速の観測地
院内
最大風速の観測日時
1993/9/3 21:00
累積最大降水量
422ミリ
累積最大降水量観測地
大分
日最大降水量
414ミリ
日最大降水量観測地
大分
最大日降水量の観測年月日
1993/9/3
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
大分
最大1時間降水量の観測年月日時間
1993/9/3 18:05
死者・行方不明者数
7人
負傷者数
20人
住家全壊/全焼数
33戸(棟)
住家半壊/半焼数
82戸(棟)
住家一部損壊数
348戸(棟)
床上浸水数
1949戸(棟)
床下浸水数
6626戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
2053か所
橋梁被害
52か所
山・崖崩れ
635か所
被害総額
85,563,633 千円

主な被害

マップを見る

【平成5年9月台風第13号】風倒木が流れ込み、通行止めになった。

【平成5年9月台風第13号】伊呂波川にかかる市道の橋が流失した(現在は県道円座中津線)。

【平成5年9月台風第13号】大分川にかかる市道の橋の一部が流失した。

【平成5年9月台風第13号】由布川にかかる県道の橋の一部が流失した。

【平成5年9月台風第13号】30代の男性が乗った車が玖珠川に押し流され行方不明になった。

【出典:朝日新聞 平成5年9月4日朝刊】

【平成5年9月台風第13号】30代の女性が死亡した。

【出典:朝日新聞 平成5年9月4日朝刊】

【平成5年9月台風第13号】道路が決壊し、水道管が破裂。周辺の横落区の6000世帯が断水となった。

【出典:朝日新聞 平成5年9月4日朝刊】

【平成5年9月台風第13号】緒方川の増水により一部の高欄(欄干)と壁石(側壁)が流失したが、その後の復旧工事で復元された。

【平成5年9月台風第13号】防波堤が長さ約100メートルにわたって陸地側に約50センチ移動した。

【平成5年9月台風第13号】JR豊肥線の緒方川にかかる長さ80メートルの鉄橋の橋脚2本が、風倒木などに押し流され流失した。

【出典:朝日新聞 平成5年9月4日朝刊】

【平成5年9月台風第13号】緒方川が氾濫し民家2棟が川に押し流されるなどして、60代の夫婦、50代の夫婦の4人が死亡した。

【出典:朝日新聞 平成5年9月4日朝刊】

【平成5年9月台風第13号】住宅の裏山が崩れ、中学1年生の女子生徒が土砂に巻き込まれ死亡した。

【出典:朝日新聞 平成5年9月4日朝刊】

災害一覧に戻る