大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【平成19年12月波浪】

発生期間 平成19年12月22日-

災害の種別
強風
市町村
佐伯市

概要

12月22日は九州南岸付近にある低気圧の影響で、大分県は北東の風がやや強まっており沿岸の海域では、波が高くなってきていた。佐伯市には12月21日17時15分から強風・波浪注意報を継続中であった。

【出典:大分県災異誌 第7編(平成13年-平成23年)(2012.2)】

【平成19年12月波浪】

【出典:2007/12/22 9:00の天気図】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
北北西
最大風速
7メートル
最大風速の観測地
蒲江
最大風速の観測日時
2007/12/22 15:50
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
1人
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【平成19年12月波浪】名護屋鼻先端付近の岩場に、小型船(漁船)が乗り揚げた。乗組員の男性(76歳)が海中に転落したとみられ、24日8時30分頃、漁船が見つかった名護屋鼻付近の海底で遺体で発見された。22日7時頃に一人で刺し網漁に出かけ、海中に転落したとみられている。

災害一覧に戻る