大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成4年6月大雨】下毛郡本耶馬渓町跡田

|災害番号:010130|固有コード:01013001

災害の詳細を見る →

市町村
中津市

概要(被害)

【平成4年6月大雨】町道脇の斜面が高さ15メートル、幅2メートル、長さ20メートルにわたって崩れ、風倒木の切株などが道路をふさいだ。

災害概要

21日、華中で発生した低気圧は22日東シナ海をゆっくりとした速度で東北東に進み、23日には九州中部をとおって四国南岸に進んだ。このため、県下は早いところで22日昼前から雨が降り始め、23日夕方ごろまで降り続いた。23日の日降水量はもっとも少ない杵築市でも75ミリに達するなど県下全域で100ミリ前後の雨量となり、降り始めからの総降水量は100~150ミリとなった。

23日14時35分ごろ、本耶馬渓町跡田の町道脇の斜面が高さ15m、幅2m、長さ20mにわたって崩れ、風倒木の切株などが道路をふさいだ、この他同様の小規模な土砂崩れが三重町や安心院町・大野町で発生した。また、落石・倒木がそれぞれ1件発生したが人的被害はなかった。(県警調べ)
JR豊肥線では、23日09時半ごろ赤水駅(熊本県阿蘇町)で警戒雨量を超えたため大分駅着の急行と普通列車各1本に遅れがでた。(大分合同新聞)

【出典:大分県災異誌 第6編(平成3年-平成12年)(2002.3)】

【平成4年6月大雨】

【出典:1992/6/23 9:00の天気図】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
155ミリ
累積最大降水量観測地
釈迦岳
日最大降水量
129ミリ
日最大降水量観測地
釈迦岳
最大日降水量の観測年月日
1992/6/23
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
釈迦岳
最大1時間降水量の観測年月日時間
1992/6/23 6:00
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
379か所
橋梁被害
2か所
山・崖崩れ
4か所
被害総額
3,275,796 千円