大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【昭和63年6月大雨】

発生期間 昭和63年6月1日-昭和63年6月2日 |災害番号:009730|固有コード:00973000

災害の種別
大雨
市町村
玖珠町

概要

東シナ海北部を前線を伴った低気圧が東進し2日15〜21時にかけ九州中部を通過した。この低気圧に台湾の東海上にある台風第2号の影響で湿った暖気が流れ込み前線の活動が活発となった。このため、1日昼まえから降りはじめた雨は、低気圧の通過した2日夕方には1時間20ミリ以上の降水が各地で観測されるなど、2日の日降水量は県下各地で100ミリを超す大雨となった。大分市での2日の日降水量162.0ミリは、6月として累年第3位の記録となった。

長時間、降り続いた後の強雨で、各地で山・がけ崩れが発生した。主な被害は、大分市で床下浸水、山・がけ崩れ2件、道路の損壊1件などが発生したのをはじめ、武蔵町や臼杵巿、佐伯巿などでも山・がけ崩れが起きた。この他、玖珠町山田を流れる瀬戸谷川で護岸が長さ10m、幅1m、高さ5mにわたり増水のため崩壊したが、大きな災害にいたらなかった。

【出典:大分県災異誌 第5編(昭和56年~平成2年)(1991.12)】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
206ミリ
累積最大降水量観測地
蒲江
日最大降水量
193ミリ
日最大降水量観測地
蒲江
最大日降水量の観測年月日
1988/6/2
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
大分
最大1時間降水量の観測年月日時間
1988/6/2 18:50
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
374か所
橋梁被害
1か所
山・崖崩れ
19か所
被害総額
4,362,453 千円

主な被害

マップを見る

【昭和63年6月大雨】瀬戸田川の護岸が長さ10メートル、幅1メートル、高さ5メートルにわたり増水のため崩壊したが、大きな災害にいたらなかった。

災害一覧に戻る