大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【昭和27年7月大雨】

発生期間 昭和27年7月13日-昭和27年7月15日 |災害番号:005290|固有コード:00529000

災害の種別
大雨
市町村
佐伯市

概要

沖縄東方海上にあった熱帯低気圧の北上に伴ない、九州南部にあった梅雨前線がしだいに北上した。熱帯低気圧は15日に九州に上陸し13日から15日にかけて県の南部で100〜150ミリの雨が降り、南海部郡重岡村で150立方メートルの山くずれがあったのをはじめ、因尾村の岩淵橋が流失し、佐伯市蛇崎で道路決壊1か所、堅田川の堤防が1か所決壊した。なお、佐伯市内の水道は15日の午前中断水した。

【出典:大分県災異誌 第2編(1966)】

【昭和27年7月大雨】

【出典:1952/7/14 9:00の天気図】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
163ミリ
累積最大降水量観測地
佐伯
日最大降水量
102ミリ
日最大降水量観測地
津久見
最大日降水量の観測年月日
1952/7/14
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
1か所
橋梁被害
1か所
山・崖崩れ
1か所
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【昭和27年7月大雨】大雨のため、岩淵橋が流失した。

【昭和27年7月大雨】大雨のため、150平方メートルの山崩れが起きた。

災害一覧に戻る