大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【明治23年9月暴風雨】大分郡大分町/東大分村 舞鶴橋

|災害番号:002309|固有コード:00230901

災害の詳細を見る →

市町村
大分市

概要(被害)

【明治23年9月暴風雨】大分川が平常時より1丈(約3メートル)増水し、橋の中間30丈(約90メートル)が流失した。

災害概要

大分県に於いては本月23日午後8時より、俄然東南の疾風起き10時より強風と為り24日午前1時より風位東に転じ3時間吹き続き同3時50分に至り漸次小止み更に北西の強風と変じ、2時間余吹き続き、同9時前後より漸次平穏に復せり。大分市街近傍に於ける諸種の稲作は少しく傾伏せしも障害はなかるべし。粟、稗、黍、蕎麦の類は所々転倒せるも収穫に現象を生ずる程の障害あらざるべし。また降雨の量は22日午後10時より、23日午後10時まで47佛厘、同日午後10時より24日午前6時まで百零一佛厘とす。大分川の出水、平水より1丈余を増し、舞鶴橋の中間30丈流失せり。管内一般の景況は目下取調べ中なり。(大分県)

【出典:官報2177号(1890年9月30日)】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
-
住家半壊/半焼数
-
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
-