大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【明治23年5月山崩】

発生期間 明治23年5月31日-

市町村
由布市

概要

大分県に於いては去月30日午後8時より降雨甚だしく翌31日午後0時30分頃大分郡石城川村大字来鉢に於いて俄然鳴動瞬間にして同所山林60間、幅15間崩壊し山林、田畑、宅地等、凡そ8畝20歩土砂入と為り居家1棟を圧倒せしも、家族一同は鳴動に驚き戸外へ駆け出したるに附き、幸いに危難を免れ人畜死傷なし。(大分県)

【出典:官報2082号(1890年6月10日)】

災害データ

主な被害

マップを見る

【明治23年5月山崩】大雨のため山林60間(約109メートル)、幅15間(約27メートル)が崩壊し、山林、田畑、宅地などおよそ8畝20歩土砂が流れ出し、住宅1棟が倒壊した。住人は震動と音に気が付き外へ逃げ出したため無事だった。

災害一覧に戻る