大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【明治7年8月大雨・洪水】

発生期間 明治7年8月20日-明治7年8月21日 |災害番号:002131|固有コード:00213100

災害の種別
大雨 洪水
市町村
日田市

概要

明治七年八月二十日夜九つ(午後十一時〜十二時)前より大風雨あり、二十一日昼四つ(午前九時〜十時)時分迄吹ぎ郡中の倒家四百軒余、大被害多し、また死人怪我人多く、庄手村の倒家四十軒、死人一人怪我人三人を出す、其当時米値段七両二歩致し候也(萬日記心覚)

【出典:日田水害誌(池田範六,1950)】

松山市史 大風雨 倒家難破船溺死圧死者あり
福岡県三潴郡誌 19日大風海嘯起り家屋田畑の被害多し(柳河藩記)20日 暴風損害甚だし(加藤田日記)

松山市史 大風雨(編集者注:8月21日の記事)

【出典:日本気象史料(中央気象台、海洋気象台 編,1939)】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
400戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
か所
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【明治7年8月大雨・洪水】洪水で40軒が倒壊、死者1人、けが3人を出した。

災害一覧に戻る