大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【寛政4年5月大洪水】

発生期間 寛政4年5月20日-

災害の種別
洪水
市町村
日田市

概要

寛政四年五月二十日、大山川大洪水俗に杉原流という(豊西記補缺録)

寛政四年五月二十日には、前の年より太い洪水あり、田地相損じ申候、其上虫付風損に相成申候(萬日記心覚)

日の隈鎭守天満宮は増田道修霊神、城山の午末の方に同殿に鎭座有之候処、寛政四年五月二十日洪水に因て神祠流る。三四丁去る田畔の間に留る。今度は社地を改めて、城山の山下西の方畑を転て再齋祭神祠及び畑地の穢気を為祓除、橘氏祭法の法被を修、右修祓終て社地より三丁程西戌の方庚申社の脇に仮殿あり(云々)(大原宮日記)

【出典:日田水害誌(池田範六,1950)】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
か所
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【寛政4年5月大洪水】日の隈鎭守天満宮は当初城山(亀山)の南に社殿があったが洪水によって神祠が流失し、3〜4丁(400メートル)ほど離れた田んぼの畦で発見された。この際、社地を城山の西にある畑に当てた。

【寛政4年5月大洪水】大山川で大洪水が発生。前年の洪水よりも大きく、それにより田畑は被害を受け、さらに虫害や風の害もあった。

災害一覧に戻る