大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【天文13年7月大洪水】

発生期間 天文13年7月9日-

災害の種別
洪水
市町村
国東市 宇佐市

概要

(1)洪水陸地を船に乗、前代未聞の洪水、国々山潮出て民家崩、人夛く流死して数を知らず(東国東郡誌)

(2)天文年間南院内村大字全付近大洪水あり法蓮寺住職教専法師沐浴して読経一千部に及ぶ(宇佐郡誌)

【出典:大分県災害誌 資料篇(1952)】

豊後 大雨 近畿・東海道にかけて大雨あり。豊後ではこう水、山潮。

【出典:西日本災異誌(日下部正雄,気象庁研究時報11(5),1959)】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
か所
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【天文13年7月大洪水】大洪水が起き、法蓮寺の住職である教専法師が沐浴して1000部に及ぶ読経を行った。

【天文13年7月大洪水】前代未聞の洪水が発生、土石流が発生し民家が倒壊、数え切れないほどの死者が出た。

災害一覧に戻る