大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【平成11年8月台風第7号】

発生期間 平成11年8月1日-平成11年8月4日 |災害番号:010730|固有コード:01073000

災害の種別
台風 大雨 洪水
市町村
杵築市

概要

7月30日9時にフィリピンの東海上で発生した台風第7号は北北西に進み、中型で並みの勢力を保ち、8月1日9時には那覇市の南東約220キロの海上を通過し、東シナ海を北上した。2日21時には鹿児島市の西南西約460キロの海上を通過した。3日15時にはソウルの南南西約180キロにあって小型で並みの強さとなり、4日3時に朝鮮半島北部で温帯低気圧になった。県下では、1日から3日にかけては、高気圧周辺部と台風第7号の影響が重なり、大気が非常に不安定となり、県の南部・中部を中心に大雨が降った。特に杵築では2日2時に1時間降水量70ミリを観測し、杵築の記録としては、累年第1位を記録した。

南部・中部を中心に大雨のため山・がけ崩れ、床上浸水・床下浸水の被害が発生した。特に杵築市では床上浸水6棟、床下浸水79棟、山・がけ崩れ3か所、ため池の堤防決壊1か所と被害が大きくなった。通行止め、片側通行などの交通規制は冠水、がけ崩れなどで大分自動車道路、大分空港道路、国道213号など16路線。JRは日豊線で2日約20本のダイヤが乱れた。また久大線、豊肥線でもダイヤの乱れが出た。農業関係の被害額は390万円となっている。水稲、野菜、花き、果樹などの被害が多かった。(県農政部調べ8月13日現在)

【出典:大分県災異誌 第6編(平成3年-平成12年)(2002.3)】

【平成11年8月台風第7号】

【出典:1999/8/3 9:00の天気図】

災害データ

最低気圧
1004.3hPa
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
1999/8/3 2:57
最大風速の風向
東南東
最大風速
11メートル
最大風速の観測地
豊後高田
最大風速の観測日時
1999/8/3 11:00
累積最大降水量
448ミリ
累積最大降水量観測地
宇目
日最大降水量
151ミリ
日最大降水量観測地
出羽
最大日降水量の観測年月日
1999/8/2
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
杵築
最大1時間降水量の観測年月日時間
1999/8/2 2:00
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
7戸(棟)
床下浸水数
93戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
115か所
橋梁被害
1か所
山・崖崩れ
28か所
被害総額
1,776,665 千円

主な被害

マップを見る

【平成11年8月台風第7号】台風による大雨のため、床上浸水6棟、床下浸水79棟、山・崖崩れ3か所、ため池の堤防決壊1か所の被害があった。

災害一覧に戻る