大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成20年6月大雨】玖珠郡九重町菅原

|災害番号:011400|固有コード:01140001

災害の詳細を見る →

市町村
九重町

概要(被害)

【平成20年6月大雨】裏山が崩れて木造平屋建ての住宅を押し流しこの家に住む70代の女性が遺体で見つかった。

災害概要

7月2日から6日にかけて九州北部地方は、対馬海峡から九州北部付近にある梅雨前線の影響で、全般に雨で雷を伴って非常に激しい雨の降っているところがあった。梅雨前線上を低気圧が通過したため大分県では、全般に雨となり4日昼前にかけて雷を伴って非常に激しい雨の降ったところがあった。

九重町菅原で土砂崩れにより民家の北側が崩れ、73歳女性が死亡した。臼杵市野津町で増水した川(吉田川)に車ごと72歳女性が転落、16日08時50分頃、津久見市保戸島の北約4.5kmの海上で遺体が発見された。その他交通障害、全面通行止め9箇所、交通規制4箇所。

【出典:大分県災異誌 第7編(平成13年-平成23年)(2012.2)】

【平成20年6月大雨】

【出典:2008/6/11 9:00の天気図】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
221ミリ
累積最大降水量観測地
倉木
日最大降水量
192ミリ
日最大降水量観測地
椿ヶ鼻
最大日降水量の観測年月日
2008/6/11
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
椿ヶ鼻
最大1時間降水量の観測年月日時間
2008/6/11 16:40
死者・行方不明者数
2人
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
1戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
1戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
17か所
橋梁被害
-
山・崖崩れ
2か所
被害総額
63,984 千円

主な被害

マップを見る

【平成20年6月大雨】増水した川(吉田川)に70代の女性が乗っていた軽トラックごと転落、行方不明になっていたが、16日8時50分頃、津久見市保戸島の北約4.5キロメートルの海上で遺体となり発見された。女性は地区に住む人に「田んぼの見回りに行く」と言って軽トラックを運転していた姿が見られたあと行方がわからなくなっていた。

災害一覧に戻る