大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【昭和61年6月大雨】玖珠郡玖珠町戸畑

|災害番号:009560|固有コード:00956002

災害の詳細を見る →

市町村
玖珠町

概要(被害)

【昭和61年6月大雨】土砂崩れが発生し、住宅の一部が損壊した。

災害概要

22日、九州南岸沿いにあった梅雨前線は、東シナ海の低気圧の東進に伴い北上した。このため県下は22日午後から全域で雨となり、23日未明には九州中部にある前線上を低気圧が進んだため釈迦岳や玖珠では1時間40ミリを超える強い雨が降り、県西部を中心に大雨となった。前線は23日昼前には九州北岸まで北上し、県下の雨は午後には止んだ。

日田地方では、22日深夜から23日未明にかけて大雨となり、日田市内を流れる三隈川の水位は23日朝、玖珠川との合流点で2.4mとなり、また、旅館街は80cm余り日ごろより水位が上がった。このため河川敷に駐車中の車が流され、一方、天瀬町の旅館街では玖珠川が溢水し2軒の地下駐車場や浴場が水びたしとなった。玖珠町戸畑では土砂崩れのため、住宅の一部が損壊したのをはじめ、国鉄久大線では恵良駅~引地駅間で土砂崩れがあり一時不通となった。

【出典:大分県災異誌 第5編(昭和56年~平成2年)(1991.12)】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
232ミリ
累積最大降水量観測地
釈迦岳
日最大降水量
210ミリ
日最大降水量観測地
釈迦岳
最大日降水量の観測年月日
1986/6/22
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
豊後玖珠
最大1時間降水量の観測年月日時間
1986/6/23 6:00
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
1戸(棟)
住家半壊/半焼数
1戸(棟)
住家一部損壊数
1戸(棟)
床上浸水数
1戸(棟)
床下浸水数
29戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
184か所
橋梁被害
1か所
山・崖崩れ
6か所
被害総額
1,996,409 千円

主な被害

マップを見る

【昭和61年6月大雨】玖珠川がの水があふれ、旅館街では2軒の地下駐車場や浴場が水びたしとなった。

【昭和61年6月大雨】三隈川の水位は23日朝、玖珠川との合流点で2.4メートルとなり、旅館街は80センチメートルあまり、日ごろより水位が上がった。このため河川敷に駐車中の車が流された。

災害一覧に戻る