大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【昭和62年3月日向灘を震源とする地震】

発生期間 昭和62年3月18日-

災害の種別
地震
市町村
大分市

概要

18日12時36分ころ、宮崎市の東約50キロの日向灘に発生した地震(31°58N、132°03E,深 さ48キロ, M6.6)により、宮崎で震度5を観測したほか、九州から中国、四国、近畿地方にかけてと、 北陸、関東地方の一部で有感となった。震度4は熊本、大分、佐賀宿毛、阿蘇山、延岡、人吉、油津 都城、震度3は高知、呉、福岡、日田、足摺、宇和島、鹿児島、雲仙岳で観測された。また、震度3 (23日、大分、延岡)を含む余震が多数発生した。この地震により、福岡管区気象台は12時43分、16区(九州東海岸と薩南諸島及び山口県の瀬戸内海沿岸)に「ツナミ」の津波警報を発表した。この地震により、極く微小の津波が発生したと報告されている。列車は運休や徐行運転でダイヤが大きく乱れた。

この地震による被害は、宮崎県内で死者1名(郵便車が落石によりがけ下へ転落)、負傷6名、建造物損壊354,水道管損壊168,ブロック塀の損壊18,河川橋梁4,鉄軌道被害2 (落石による)、道路不通、通行規制33ケ所(落石,がけ崩れ、路面陥没)などの被害が発生した。大分県下では、県庁舎のガラス窓6枚が割れるなど大分市中心部のオフイスビルは大揺れ、商店街では陳列中の陶器類に被害が出たほか、竹田市、三重町でがけ崩れの被害があった。また、列車の運休や徐行運転で列車ダイヤも大きく乱れた。

【出典:大分県災異誌 第5編(昭和56年~平成2年)(1991.12)】

災害データ

地震発生時間
12:36
マグニチュード
6.6M
震源の深さ
48キロ
最大震度
4
最大震度観測地
大分市長浜(旧)
津波有無
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
2か所
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
85,228 千円

主な被害

マップを見る

【昭和62年3月日向灘を震源とする地震】県庁舎のガラス窓6枚が割れた。また大分市中心部のオフイスビルは大揺れ、商店街では陳列中の陶器類に被害が出た。

災害一覧に戻る