大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【昭和31年2月火災】

発生期間 昭和31年2月19日-

災害の種別
火災
市町村
大分市

概要

2月中旬の後半は大陸から高気圧が張り出し、空気の乾燥した状態が続いていた。
19日15時30分ごろ、大分郡大南町河原内の農家から出火し、20棟を全焼し、1棟を半焼(計1,122平方メートル)した。損害1,000万円〔大分:平均湿度70パーセント、最小湿度38パーセント、最大風速5.5メートル(北東)〕。

【出典:大分県災異誌 第2編(1966)】

災害データ

死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
20戸(棟)
住家半壊/半焼数
1戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
10,000 千円

主な被害

マップを見る

【昭和31年2月火災】農家から出火し20棟を全焼。1棟を半焼(計1122平方メートル)した。損害額1000万円。

災害一覧に戻る