大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成13年7月赤潮】

発生期間 平成13年7月29日-平成13年7月31日 |災害番号:010900|固有コード:01090000

概要

県内では7月下旬から8月上旬にかけて、西部を中心に、にわか雨や雷雨になった日もあったが、太平洋高気圧に覆われ、晴れて高温になった日が多かった。

赤潮被害は7月30日から臼杵湾で発生した。同日に臼杵市内の養殖業者が飼育するヒラマサ1,000匹やブリ70匹などの被害が確認された。31日にはヒラマサ15,000匹、ブリ5,000匹に被害が拡大した。8月2日までにヒラマサ19,000匹、ブリ16,000匹、サバ12,000匹の他、カンパチ、モジャコ、アワビなどに被害が出た。最終的には被害は臼杵湾から佐賀関沿岸に広がり、ブリ22,000匹、ヒラマサ19,000匹、サバ12,000匹、アワビ27,000杯がへい死するなど被害総額は17,427万円となった。大分県海洋水産センターの調べでは、原因のプランクトンは植物性の「ギムノディニウム・ミキモトイ」で、魚のえらに付いて酸欠を起こさせたり、海水を酸素不足にする。海水1ml当たりの細胞数が2,000個を超えると「警戒密度」になるが、ピークの8月1日には37,300個を超えた。

【出典:大分県災異誌 第7編(平成13年-平成23年)(2012.2)】

【平成13年7月赤潮】

【出典:2001/7/29 9:00の天気図】

災害データ