大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【昭和35年7月濃霧】

発生期間 昭和35年7月20日-昭和35年7月21日 |災害番号:006630|固有コード:00663000

概要

21日2時ごろ、徳山市から津久見市に向う運送船(260トン)と、種子島から大分市に向っていた貨物船(84トン)が佐賀関沖合で濃霧のため衝突した。
また20日の夜、ロスアンゼルスから八幡に向う途中のギリシヤ船ヘラ号(7,218トン)が豊後水道の佐賀関沖の無垢島付近で座礁した。

【出典:大分県災異誌 第2編(1966)】

災害データ

主な被害

マップを見る

【昭和35年7月濃霧】ロサンゼルスから八幡へ向かうギリシャ船籍の船が、付近の海で座礁した。

【昭和35年7月濃霧】濃霧のため、運送船(260トン)と貨物船(84トン)が沖合で衝突した。

災害一覧に戻る