大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害杵築藩

|災害番号:001850|固有コード:00185002

概要(被害)

【天保8年天保の大飢饉】前の年からの飢饉のため、藩の住民はたいへん困窮した。

災害データ

主な被害

マップを見る

【天保8年天保の大飢饉】西鶴嘉十という人によると、天保8年の飢饉の時、天満社拝殿の新築工事があった。(私の)父は足軽で御用大工を兼ねていたので、毎日工事に行き、白米1升ずつを受け取って帰るために、人々がこれを見てうらやましいと思わずにはいられなかった。この年、農村では米がほとんどなくなったので、おかゆや雑炊も米では作れなかった。たまたま少量の粉にした米があって、団子汁にするものの粘り気がなく、全部とけて団子の形はなかったという。8月に元重の庄屋、茂右ヱ門方で、年貢の割出しとかで2、3人の役人が集まって計算しているとき、昼飯を炊く米がないため、わざわざ田染村の陽平まで下男を遣わして、ようやく3升の白米をもらってきたとのこと。また船村の金右ヱ門兄弟、3人いていずれも屈強なので、毎日かんね(葛根)を堀って食料としていたが、次第に余裕が生まれ、ついにかます(わらむしろの袋)10俵あまり貯めて、翌年まで持越したので次年の経済状態はとても良くなり、年々食料を翌年に回し、たくさんの蓄えができて、のちに多くの田畑を買入れ、とても裕福になったことで、当時の世相がよくわかると思う(豊後立石史談)。

災害一覧に戻る