大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成19年8月高温】津久見市彦ノ内

|災害番号:011380|固有コード:01138001

災害の詳細を見る →

市町村
津久見市

概要(被害)

【平成19年8月高温】70代の男性がみかん畑で除草剤の散布中、熱中症による急性心不全により死亡した。

災害概要

8月28日の九州北部地方は、太平洋高気圧に覆われて晴れのところが多くなっている。高気圧周辺の湿った空気の影響で、山口県や福岡県などで雨となっているところがある。大分県は、高気圧に覆われて晴れていたが、気圧の谷の影響で昼過ぎから曇りとなり、雨や雷雨となったところがあった。

津久見市の74歳男性がみかん畑で除草剤の散布中、熱中症による急性心不全により死亡。

【出典:大分県災異誌 第7編(平成13年-平成23年)(2012.2)】

【平成19年8月高温】

【出典:2007/8/28 9:00の天気図】

災害データ

死者・行方不明者数
1人
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
-