大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【亨保6年暖冬(竹悩乱)】速見郡小武 越井山

|災害番号:000930|固有コード:00093001

災害の詳細を見る →

市町村
杵築市

概要(被害)

【亨保6年暖冬(竹悩乱)】高温により冬の間にたけのこが生え、この山から竹が枯れ始めた。2、3年の間は郷内はもとより西国筋の竹はほとんど枯死した。

災害概要

冬月山中に筍を生じ翌年春に至り、日指明神山 小武越井山より竹枯死し始め、二三年の間に郷内は勿論西国筋の竹殆ど悉く枯死せりと、世之を竹悩乱と称す(山香郷土史)

【出典:大分県災害誌 資料篇(1952)】

災害データ

死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
か所
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【亨保6年暖冬(竹悩乱)】高温により冬の間にたけのこが生え、この山から竹が枯れ始めた。2、3年の間は郷内はもとより西国筋の竹はほとんど枯死した。

災害一覧に戻る