大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成2年1月積雪】南海部郡宇目町重岡 宗太郎駅

|災害番号:009850|固有コード:00985001

災害の詳細を見る →

市町村
佐伯市

概要(被害)

【平成2年1月積雪】駅構内では、着雪により倒れた樹木が架線を切断し5時間にわたって不通になった。

災害概要

九州南岸を東進した低気圧によって15日午後から降り始めた雨は、夜半前から雪にかわり16日朝にかけて県下のほぼ全域で大雪となった。湯布院町の塚原では45~50センチ、長者原(九重町)で31センチとなるなど、県下の山沿地方ではを超える積雪となり、大分市の郊外でも2~10センチの積雪となった。

この雪ため、山間部の道路を中心にチェ—ン規制が行なわれ、各地でスリップ事故が相次いだ。また、雪の重みで立ち木と—緒に崩れたと思われるがけ崩れが2件発生したほか、陸上交通の障害が多発した。県西部を中心に臨時休校した学校は138校に達した。このほか、農業関係では、ビニールハウスを主として1,300万円の被害が発生した。

【出典:大分県災異誌 第5編(昭和56年~平成2年)(1991.12)】

災害データ

最深積雪
0.5メートル
最深積雪の観測地
塚原
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
13,000 千円