大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【昭和62年2月積雪】

発生期間 昭和62年2月2日-昭和62年2月4日 |災害番号:009640|固有コード:00964000

災害の種別
大雪

概要

県下は寒気の流れ込みで2日夜から山間部で雪が降り始め、3日から4日にかけて日本の東海上で低気圧がさらに発達したため、冬型気圧配置は強まり県の北部・西部で積雪状態となり、山間部では大雪となった。また、3日を中心に強い季節風が吹き荒れ、大分市では3日17時40分に北西・23.0メートルの2月として累年第3位の最大瞬間風速を観測した。

2日タ方から冷え込みが厳しくなり北部・西部山間部を中心に積雪、主要道路はチェ一ン規制が実施された。3日は県南地域でも午後4時ごろから激しく降り出した雪のため、臼杵市と津久見市を結ぶ臼津パイパスで一時通行止めとなった。4日午前9時までの積雪は玖珠で24cmなど北部・西部の山間部で10~20cmに達し、通行規制が各地で続いた。また、国鉄久大線では雪による倒木のため一時不通となり、列車に遅れが出た。一方、この雪のため日田玖珠、竹田直入、別府湯布院などで95校が臨時休校した。大分県林業水産部の調べでは、日田・玖珠・下毛地域の2.516haの森林で、杉の木が雪の重みで折損、根倒れ等の被害を受け、被害総額は80,722万円に達した。

【出典:大分県災異誌 第5編(昭和56年~平成2年)(1991.12)】

災害データ

最深積雪
0.24メートル
最深積雪の観測地
豊後玖珠
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
807,220 千円

主な被害

マップを見る

【昭和62年2月積雪】3日は県南地域でも午後4時ごろから激しく降り出した雪のため、臼杵市と津久見市を結ぶ臼津パイパスで一時通行止めとなった。

災害一覧に戻る