大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【弘化4年2月大雪】国東郡堅来村

|災害番号:001900|固有コード:00190003

災害の詳細を見る →

市町村
国東市

概要(被害)

【弘化4年2月大雪】ひょうが降った。重さは13匁、大きさは2寸4分。

災害概要

2日朔日、杵築の山部にひょう降る。文珠仙寺谷下り堅来村富束浦方面にはひょうの掛目13匁、大きさ2寸4分なり。文珠山に参詣せしものは、頭を打たれ、傘を打貫かれてつづれの如く、富来の裏手にては雀2羽打殺さる。(国東半島史)

【出典:大分県災害誌 資料篇(1952)】

災害データ

最深積雪
-
最深積雪の観測地
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
か所
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【弘化4年2月大雪】ひょうが降った。重さは13匁、大きさは2寸4分。スズメが2羽打ち落とされた。

【弘化4年2月大雪】ひょうが降った。重さは13匁、大きさは2寸4分。文殊仙寺に参拝する人の中には頭にあたったり、傘を突き破られた人もいた。

災害一覧に戻る