大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【慶長8年12月大雪】

発生期間 慶長8年12月27日-

災害の種別
大雪
市町村
大分市

概要

大雪ふりて、一尺二寸積るなり。翟日も消えず、廿九日まで雪ありしなり。(豊後鶴崎町史、柴山勘兵衛記)

【出典:大分県災害誌 資料篇(1952)】

災害データ

最深積雪
0.36メートル
最深積雪の観測地
鶴崎?
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
か所
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【慶長8年12月大雪】大雪が降って46センチほど積もった。翌日も雪は溶けず、29日まで残った。

災害一覧に戻る