大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成28年9月台風第16号】佐伯市長良柏江

|災害番号:099830|固有コード:09983024

災害の詳細を見る →

市町村
佐伯市

概要(被害)

【平成28年7月大雨】堅田川の河口に近いこの地区ではおよそ20棟で床上まで水につかる被害が出た。地区の区長によると20日午前6時頃には、山から流れ出した水が最大2メートル前後の高さに達し、地区の住民は2階に避難したとのこと。床上浸水が20棟、床下浸水7棟の被害だった。

災害概要

13日に熱帯低気圧から台風に発達。17日12時ごろには非常に強い勢力で沖縄県与那国島付近を北上したのち、東シナ海を北東に進み、20日0時過ぎに鹿児島県大隅半島に上陸した。その後も勢力を弱めることなく、日本の南海上を東北東に進み、13時半ごろに強い勢力で和歌山県田辺市付近に再上陸し、21時に東海道沖で温帯低気圧になった。台風と前線の影響で東日本から西日本にかけて200ミリを超える大雨となるほか、南西諸島から西日本にかけては猛烈な風が吹き、海上は大しけになった。県内では佐伯市で24時間の雨量が400ミリを超え、広い範囲が浸水被害を受けた。

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
-
累積最大降水量観測地
-
日最大降水量
-
日最大降水量観測地
-
最大日降水量の観測年月日
-
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
-
最大1時間降水量の観測年月日時間
-
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
1戸(棟)
住家半壊/半焼数
1戸(棟)
住家一部損壊数
2戸(棟)
床上浸水数
67戸(棟)
床下浸水数
189戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
118か所
橋梁被害
16か所
山・崖崩れ
21か所
被害総額
2,534,669 千円

主な被害

マップを見る

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が1棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が6棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が1棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が1棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が2棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が6棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が4棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が1棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が1棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が1棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が6棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】床上浸水3棟、床下浸水18棟の被害が発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が3棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水が1棟発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】特別養護老人ホームやグループホームなどの施設が、県道と施設をつなぐ市道が1メートル前後の高さまで水につかり、車では近づけなくなった。市道の水は20日夕方までに車が通れる程度まで引いたため、孤立状態は解消された。施設自体は浸水した市道より少し高い場所にあるため建物への浸水はなく電気や水道などのライフラインにも被害はなかった。

【平成28年7月大雨】宅地の一部がブロック塀ごと崩れて、5メートルほど下にある隣の住宅の敷地に流れ込み、住宅が全壊した。住民は、土砂が崩れる前に避難していたためけが人はいなかった。

【平成28年7月大雨】住宅の床上浸水住家1棟、床下浸水2棟などの被害が発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

【平成28年7月大雨】床上浸水7棟、床下浸水25棟の被害が発生した。

【出典:9月19日台風第16号に関する災害情報について(第14報)】

災害一覧に戻る