大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【平成27年9月大雨】

|災害番号:099580|固有コード:09958000

災害の種別
大雨
市町村
佐伯市

概要

平成27年9月23日朝、東シナ海に前線を伴った低気圧が発生し、24日にかけてチェジュ島付近まで東進した。この低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となった。大分県では、23日夜遅くから24日明け方にかけて、中部及び南部で激しい雨が降り、特に、佐伯市蒲江では1時間に65.0ミリ(24日2時19分)を観測するなど、局地的に1時間50ミリを超える非常に激しい雨が降った。23日から24日までの総降水量は、佐伯市蒲江247.0ミリ、佐伯市佐伯207.0ミリ、佐伯市宇目115.0ミリ、臼杵市臼杵111.0ミリ、大分市佐賀関109.0ミリと県南部を中心に大雨となった。

佐伯市は土砂災害のおそれがあるとして、24日午前2時35分、市内全域に避難準備情報を出して注意喚起。3時55分に日向泊地区、青山、蒲江、上浦、鶴見、米水津地区の計6、939世帯1万5289人に避難勧告を出した(24日8時40分解除)。市内12カ所に避難所を開設し、蒲江地区公民館などに計8世帯13人が自主避難※した。大雨による道路の冠水なども発生。午前4時15ごろ、鶴見丹賀浦の県道梶寄浦佐伯線で道路脇の法面から土砂が流れた。この影響で道路が冠水し、一時全面通行止めになった。このため、梶寄地区(101世帯)が3時間ほど孤立状態となった。蒲江葛原浦の県道古江丸市尾線では数カ所で土砂が流出し、約1キロにわたって全面通行止めになった。米水津色利浦の県道色宮港木立線でも道路が冠水し、約50メートルが一時、全面通行止めとなった。その他、市中心部の市道でも一時冠水した場所があった。鶴望では民家の裏山が高さ24メートル、幅50メートルにわたって崩れ、住宅1棟で屋根の一部が壊れたり土砂が流入するなどした(9/24付大分合同新聞夕刊等による)。
※避難の状況最大5世帯8人(24日05時現在)県防災対策室調べ

【出典:気象災害報告201507】

災害データ

最低気圧
-
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
-
最大風速の風向
-
最大風速
-
最大風速の観測地
-
最大風速の観測日時
-
累積最大降水量
247ミリ
累積最大降水量観測地
蒲江
日最大降水量
163ミリ
日最大降水量観測地
蒲江
最大日降水量の観測年月日
2015/9/24
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
蒲江
最大1時間降水量の観測年月日時間
2015/9/24 1:19
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
2戸(棟)
床下浸水数
5戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
15か所
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
123,784 千円

主な被害

マップを見る

【平成27年9月大雨】住宅裏山の谷から水が流れ込み、2棟の床上浸水が出た。

【平成27年9月大雨】民家の裏山が高さ24メートル、幅50メートルにわたって崩れ、住宅1棟で屋根の一部が壊れたり土砂が流入するなどした。

【平成27年9月大雨】県道梶寄浦佐伯線で道路脇の法面から土砂が流れた。この影響で道路が冠水し、一時全面通行止めになった。このため、梶寄地区(101世帯)が3時間ほど孤立状態となった。

災害一覧に戻る