大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【平成26年10月台風第19号】

発生期間 平成26年12月1日- |災害番号:099490|固有コード:09949000

災害の種別
台風 大雨 洪水 高潮

概要

平成26年10月3日21時にマーシャル諸島で発生した台風第19号は、海面水温の高い海域を北西へ進みながら発達し、8日3時にはフィリピンの東で中心気圧900ヘクトパスカル、中心付近の最大風速60メートルの猛烈な台風となった。台風は、12日0時半頃に沖縄本島付近を中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートルの大型で非常に強い勢力で通過した。12日3時には大型で強い台風となり奄美大島の南西約240キロを、12日9時には奄美大島の西約210キロを、15時には奄美大島の西約240キロを、21時には奄美大島の北西約240キロを北上した。13日3時には屋久島の西約170キロを北上し、8時半頃に鹿児島県枕崎市付近に上陸した。13日9時には枕崎市付近を東北東へ進み日向灘に抜け、14時半頃に高知県宿毛市付近に再上陸した。さらに、西日本から東日本の陸地を北東へ進み、14日9時に三陸沖で温帯低気圧となった。大分県では12日から雨雲がかかり始め、13日にかけて、台風第19号に伴う発達した雨雲により局地的に激しい雨が降り大雨となった。12日から14日までの総降水量は、院内(宇佐市)で325.5ミリ、宇目(佐伯市)で320.0ミリ、佐伯(佐伯市)で281.0ミリ、臼杵(臼杵市)で251.0ミリ、湯布院(由布市)で248.5ミリを観測した。また、12日午後から風が強まり、武蔵(国東市)で13日6時28分に東北東の風25.7メートルの最大瞬間風速、13日5時55分に東北東の風19.2メートルの最大風速を観測した。また、蒲江(佐伯市)で13日2時36分に南東の風33.8メートルの最大瞬間風速、13日13時31分に南西の風16.1メートルの最大風速を観測した。

<床下浸水9棟>杵築市4棟(大内)佐伯市5棟(稲垣、長谷、中村北)
<非住家被害3棟>杵築市1棟(大内篠原区倒木により建物が一部損壊)、佐伯市2棟(本匠波寄、長谷)
道路被害70件、土砂災害1件
杵築市1件(山香町日指民家裏土砂崩れ)
<ライフライン>
水道1市13戸佐伯市(岸河内:道路損壊による水道管破損で断水)
電気5市約700戸停電
<農林水産業施設被害>2件
・佐伯市1件(鶴見池松浦:漁船1隻が沈没)
・国東市1件(国見町来浦漁港防波堤が一部損壊)
文教施設被害1件
・国東市1件(国見町櫛木:国見海洋センター一部破損

【出典:気象災害報告201414】

災害データ

最低気圧
985.9hPa
最低気圧観測地
-
最低気圧観測日時
2014/10/13 12:39
最大風速の風向
東北東
最大風速
19.2メートル
最大風速の観測地
武蔵
最大風速の観測日時
2014/10/13 5:55
累積最大降水量
301.5ミリ
累積最大降水量観測地
院内
日最大降水量
301.5ミリ
日最大降水量観測地
院内
最大日降水量の観測年月日
2014/10/13
最大1時間降水量
-
最大1時間降水量の観測地
佐伯
最大1時間降水量の観測年月日時間
2014/10/13 10:16
死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
2戸(棟)
床上浸水数
-
床下浸水数
9戸(棟)
道路被害 ※事前通行規制は除く
145か所
橋梁被害
-
山・崖崩れ
4か所
被害総額
1,137,693 千円