大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【平成29年5月地すべり】

災害の種別
地すべり
市町村
豊後大野市

概要

16日、住民から豊後大野市に「自宅の敷地内で地割れが起きている」という連絡があり、市や県が調べたところ、南北およそ400メートル、東西およそ300メートルの範囲で81か所の地割れが確認された。市は地すべりのおそれがあるとして、一時9世帯17人に避難勧告を出した。26日には地割れの広がりが1時間あたり22.8ミリを観測した。これにより地すべりの末端部の平井川が閉塞したが、仮の排水路を完成させ対策を行った。

災害データ

死者・行方不明者数
-
負傷者数
-
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
-
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
-

主な被害

マップを見る

【平成29年5月地すべり】地区で少なくとも地割れが40か所確認され、一時9世帯17人に避難勧告が出された。16日住民から市に「自宅の敷地内で地割れが起きている」という連絡があり市や県などが調べたところ、縦およそ400メートル、横およそ300メートルの範囲の中で81か所の地割れが確認された。大きいものでは地面に幅およそ30センチ、長さおよそ80メートルに及んだ。住宅が居住不能、農地被害警戒区域内の水田14.35ヘクタールのうち、10.19ヘクタールが耕作不能となった。市道は2か所で通行ができなくなった。

災害一覧に戻る