大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

被害【平成26年5月濃霧】

市町村
大分市

概要

足摺岬付近に中心を持つ移動性高気圧に覆われていた。


大分市の大分港乙津泊地沖合で、岡山県倉敷市の芝興マリン所有のケミカルタンカー「扇国丸(498トン)」と東京都杉並区の協同商船所有の貨物船「成秀丸(699トン)」が衝突した。大分海上保安部によると、両船とも航行中で、扇国丸は船首、成秀丸は左舷後部に損傷があったが、両船の乗組員に怪我はなかった。事故当時、現場海域には海上濃霧警報が発令され、見通しは良くなかった。

【出典:気象災害報告201405】

災害データ

主な被害

マップを見る

【平成26年5月濃霧】ケミカルタンカー「扇国丸(498トン)」と貨物船「成秀丸(699トン)」が衝突。大分海上保安部によると、両船とも航行中で、扇国丸は船首、成秀丸は左舷後部に損傷があったが、乗組員にけがはなかった。事故当時、現場海域には海上濃霧警報が発令され、見通しは良くなかった。

災害一覧に戻る