大分県災害データアーカイブ|大分大学減災・復興デザイン教育研究センター(CERD) NHK大分放送局 × 大分大学減災
復興デザイン教育研究センター(CERD)

災害【平成26年2月積雪】

|災害番号:099360|固有コード:09936000

災害の種別
大雪
市町村
佐伯市 大分市 日田市 竹田市 臼杵市 豊後大野市

概要

2月13日21時に南西諸島で発生した低気圧は、15日にかけて発達しながら本州の南海上を北東に進んだ。また、九州地方の上空約1500メートル付近には氷点下9度前後の寒気が流れ込んでいた。この低気圧と上空の寒気の影響で九州地方は13日から14日にかけて山沿いを中心に大雪となった。大分県では13日昼頃から雨が降り始め、昼過ぎにはみぞれや雪に変わり、14日朝まで降り続いた。このため、大分県の南部や北部の山沿いを中心に大雪となった。大分県では13日昼過ぎには雨からみぞれや雪に変った。県内の降水量は、1時間降水量で最大3.5ミリだったが、長時間降り続いたため、竹田では2日間の総降水量が40ミリに達した。沿岸部など気温の下がらなかった地域では、積雪は観測されなかったが、気温の下がった内陸部や山間部では数十センチの積雪となったところがあった。

県内では重傷1名(日田市1名(JR久大線雪による倒木に乗り上げる脱線事故))、軽傷8名(大分市(4)、佐伯市(1)豊後大野市(3))、負傷者2名(臼杵市(1)、宇佐市(1))。道路の通行止めは最大国道7件、県道56件、市道3件。停電は最大10市1万5千3百戸。断水は大分市上竹中地域、臼杵市の一部地域で15日10時30分全地域復旧済み。県内の公立学校のおよそ3割にあたる146校が臨時の休校を決めた。臨時の休校を決めたのは、小学校が87校、中学校が43校、高校が13校、特別支援学校が3校。

【出典:気象災害報告201402】

災害データ

最深積雪
-
最深積雪の観測地
大分
死者・行方不明者数
-
負傷者数
20人
住家全壊/全焼数
戸(棟)
住家半壊/半焼数
戸(棟)
住家一部損壊数
-
床上浸水数
-
床下浸水数
-
道路被害 ※事前通行規制は除く
285か所
橋梁被害
-
山・崖崩れ
-
被害総額
2,274,077 千円

主な被害

マップを見る

【平成26年2月積雪】東神野地区と泊地区は14日から地区と市内中心部を結ぶ県道や国道が通行できなくなり、2つの地区に住むあわせて53世帯94人が一時的に孤立した。いずれも16日夕方までに道路の除雪が完了し住民の安否が確認された。

【平成26年2月積雪】3つの小学校の児童と教員、あわせて128人が周辺の県道が雪で通れず帰宅できなくなった。帰宅できなくなったのは、大分市立中島小学校、住吉小学校の3校の5年生の児童と教職員。3校は、おとといから施設で宿泊訓練を行い、14日夕方にそれぞれ小学校に戻る予定だったが、周辺の県道が雪で通れず、帰ることができなくなっていた。大分県が徹夜で除雪作業を行って午前10時半前に通れるようになり、児童たちはバスで施設を出発した。昼過ぎまでにそれぞれの小学校に戻った。

【平成26年2月積雪】市道から農業用のトラクターがおよそ2メートル下に転落し、運転していた近くに住む57歳の男性が下敷きになっているのが見つかった。発見時は意識がなく、市内の病院で手当てを受けたが、およそ2時間後に死亡した。男性は、農業用のハウスが雪の被害を受けていないかを確認しにいく途中だったと見られている。現場の市道には昨夜から降り続いていた雪がおよそ80センチ積もっており、警察は雪でトラクターが滑って転落した可能性もあるとみて調べている。

【平成26年2月積雪】ホテルで50代の従業員の男性が、階段で足を滑らせてけがをし、病院で手当てを受けた。

【平成26年2月積雪】JR久大線の天ヶ瀬駅〜杉河内駅の間で、普通列車が線路の上に倒れていた木に乗り上げて脱線した。当時、列車には乗客の男性2人と運転士のあわせて3人が乗っていて、このうち乗客の55歳の男性が肩や顔にけがをして病院で手当てを受けた。現場の線路の上にはおよそ30メートルの長さの木が倒れていた。現場付近では雪が降り続いていたため、雪の重みで木が倒れた可能性があるとみている。この事故や雪の影響で、JR久大線は大分駅〜日田駅間で終日、運転を見合わせた。

【出典:鉄道事故調査報告書 RA2014-8(平成26年8月29日)(運輸安全委員会)】

【平成26年2月積雪】14日から地区につながる県道が雪で通行止めになった。さらに、地区の4世帯7人と電話でも連絡がつかず、安否が確認出来ない状態が続いた。15日になって、市の職員が地区を訪れて安否を確認した。16日午前には道路の除雪も終わり、孤立状態は解消された。

【平成26年2月積雪】東神野地区と泊地区は14日から地区と市内中心部を結ぶ県道や国道が通行できなくなり、2つの地区に住むあわせて53世帯94人が一時的に孤立した。いずれも16日夕方までに道路の除雪が完了し住民の安否が確認された。

【平成26年2月積雪】6人が軽傷。また電線が切れるなどしておよそ300世帯が停電した。

【平成26年2月積雪】1人が軽傷、電線が切れるなどしておよそ4900世帯が停電した。停電の影響で5か所で信号機が使えなくなった。また47か所で農業関連の施設の被害があった。

【平成26年2月積雪】3人が軽傷、電線が切れるなどしておよそ3800世帯が停電した。また33か所で農業関連の施設の被害があった。

災害一覧に戻る